海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > アンコウの仲間

Izuzuki Diver

イロカエルアンコウ

Antennarius pictus

イロカエルアンコウ(黄)
1998年12月 IOP(伊豆海洋公園) -15m

このキタナイ顔の髭おやじはイロカエルアンコウです。実は僕はイロカエルアンコウにはずっと会いたいと思ってたんですが、なかなか会う機会がなくて、結局日本にいる主だったカエルアンコウの中で一番最後に会ったカエルアンコウです。でも、僕が会いたかったイロカエルアンコウはもっとかわいー奴なんだけどなー。かわいいイロカエルアンコウに会いたいよー。
他のカエルアンコウと同様、いろんなカラーバリエーションがあります。

iroizaOrg.jpg'98年末から'99年の頭にかけて伊豆海洋公園ではイロイザリラッシュだそうですが、その中でお会いしたうちの一匹です。
顔か恐いぞ!

iroizaBk.jpgこいつは'98年の夏の間、伊豆海洋公園にいた奴で、多くのダイバーを楽しませてくれた有名人(?)です。
こーゆー真っ黒な魚って、どうやって写真を撮ればいいのか悩んでしまいます。普通に撮ったのではただの黒い塊にしか見えないですよねー。あるとき、水中写真家の大方洋二さんに聞いたら、「あきらめる!」だって!<(>o<)>

iroizaAkubi.jpgカエルアンコウってのは岩とかコケとかと同じ色して、周りの環境に溶け込みつつ餌の魚が寄ってくるのを待ってるもんなんですが、こいつは3月のIOPでかなり目立ってました。数メートル離れた場所からも、そこにいることがバレバレでいーんだろうか??
しかも、目の前でフラッシュ焚かれても全然気にしてない様子で、挙げ句の果てにはこの大あくびです。うーーん、おおもの。。。。
なんか、マカロニほうれん荘のトシちゃんに似てない?

イロイザリ(赤)この日の伊豆海洋公園は、結構春濁りがすごくて、水深18mあたりまでは一様に3mぐらいの透明度しかなかった。友人を先頭に5の根を目指したんですが、先頭を行く友人は方向感覚を失って、あっちフラフラこっちフラフラ。後ろから見てる僕は、その姿が面白くてぷぷぷぷぷでした。
ところが彼は悪運が強い!!
迷ったおかげでドチザメには出くわすは、前の日にベニイザリがいたところを探してイロイザリ(右の写真)を見つけるはで、海から上がった後は誇らしげに胸を張ってました。 「完璧なナビゲーションをするより、ダイビングが楽しい方が大事だよね!」って話でした。(どこが?)

イロカエルアンコウ(赤ちび)苦節6年、やっと見れました。図鑑に載ってるカワイイイロカエルアンコウ!
伊豆大島の秋の浜というポイントで、壁に張り付いてエスカ(疑似餌)をブンブン振ってました。どうか立派に、汚らしい(?)おとなのイロイザリになってください。

イロカエルアンコウ(真紅)'99年11月半ば。。。最近あちこちでイロカエルアンコウのチビがいるみたい。今年もイロイザリラッシュの予感。
こいつは真っ赤っかで、ホント美しかった!
でも、あっという間にいなくなっちゃったんだよ~。午前中に見て、その日の午後にはもういなかった。それっきり。。。誰かいじっちゃったのかなぁ。

イロカエルアンコウ(黄)2000年の頭、今年もイロカエルアンコウのラッシュがやってまいりました。(^^)/
色も、黒いのやら黄色いのやらオレンジのやら、、、バリエーションも豊富です。でも、前の年はでっかいのが多かったのに、今年はちっちゃい奴が多いです。かわいいから良いんだけど。。。
毎年状況が違うから海はおもしろいね。

イロカエルアンコウ(黒)2'98年に引き続き、'99年も再び黒イザリが出現しました。前回何が写ってるのかわからん写真を撮ってしまった黒イザリに再挑戦する時が来たのです。露出をオーバー目に撮ったり、ライティングを変えたり、最近写真に淡白な僕が、久々に気合を入れて撮って見たのです。その結果、一番きれいに写ってる写真は、、、、やっぱりシルエットクイズのようでした。。。(>_<)

イロカエルアンコウ(水玉)こんな寝巻きみたいな水玉柄のヤツもいます。水玉柄と言えば可愛らしいけど、ブツブツしてるとも言えますね~。(^^;;

オオパンカイメンと同じ色のイロカエルアンコウコイツは島津さんに教えてもらっちゃいました。(最近こればっか、いつもすいません。m(__)m)
オオパンカイメンの上で擬態してたんだけど、こんなところに付いてるヤツには初めて会いました。今までも見落としてたかも~。

イロカエルアンコウ(赤いオトナ)イロカエルアンコウって伊豆で越冬した記憶はあまり無いのですが、伊豆でオトナに出会った記憶は結構あります。ハテ??
(2005-03 IOP -6m)

お勧め Watching Point

多い年は伊豆でも普通種になるんですが、少ない年はほとんど見かけません。そーゆー点では、クマドリカエルアンコウの方がコンスタントに見ることができます。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク