Izuzuki Diver

伊豆のウミウシ図鑑 > その他 > マサコカメガイ

マサコカメガイ

Cavolinia inflexa

解説

マサコカメガイ
2018年11月 大瀬崎 -1m

水面移動中、ちょっと太めのクリオネがパタパタしてました。もちろん、クリオネなわけないんですが、こーゆー謎の生き物との遭遇があるから、水面移動も侮れません。(^^

たなびく糸の先が丸くて大ちゃんの涙みたいなのは、マサコカメガイでイイみたい。

マサコカメガイ糸の先に丸い玉が付いてたらマサコカメガイで良いんだろうと思うけど、玉がついてないマサコカメガイもいます。
じゃあ何でマサコカメガイなの?と言うと、貝殻真ん中のトゲが長いとか、パタパタの付け根のところに茶色い筋が入るとか、透けて見える内臓の感じとか、案外他の種類とは違うので。
(2020-12 大瀬崎 -0m)

お勧め Watching Point

水面移動中に似たようなのを見かけるけど、同じヤツなのかどうか。。。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!