Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ヒメジ・フエダイ・フエフキダイ > オオグチイシチビキ

オオグチイシチビキ

Aphareus rutilans

解説

オオグチイシチビキ
2019年11月 大瀬崎 -29m

オオグチイシチビキはシュッとした見た目の通り結構遊泳力があって、追っかけても追いつけないサカナですが、このときは運良く向こうから向かって来てくれました。
ホントは泳ぎを止めてヒレを開く瞬間を狙いたいところだけど、もしサカナが止まらずに泳ぎ去って行っちゃうと折角のシャッターチャンスを逃すことになってしまいます。
どこでシャッターを切るか?ってのはクイズ番組でダブルアップに挑戦するか?的なギャンブルですね。
今回は手堅くサカナが射程距離に入ったところでシャッターを切ってしまいました。(^^

オオグチイシチビキ初めて出会った時、まだちっちゃいうちは尾ビレの先が黒く見えたので、顔の怖いタカサゴで図鑑を当たったのですが見つからず、大きくなってやっとオオグチイシチビキというサカナがいるんだと認識できました。
(2018-08 IOP -19m)

アオチビキと同じような場所で出会えるのですが、アオチビキとは口の大きさが違うので見分けられます。なんてところを別に見なくても、オオグチイシチビキは釣り人にアカチビキとも呼ばれているように、青いのと赤っぽいのとで簡単に見分けがつきます。

お勧め Watching Point

夏〜冬、幼魚に出会えます。IOPでは転石砂場から1.5番にかけて見かけるイメージがあります。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!