海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ミノウミウシの仲間

Izuzuki Diver

アオミノウミウシの一種8

Antonietta sp.

アオミノウミウシの一種8
2008年4月 大瀬崎 -15m

ネイチャーフォトとしてはその生き物が生息している環境でそのまま写真を撮るのがベストだとは思うのですが、ウミウシってのは生息場所でそのまま写真を撮っても、どこにどんなウミウシがいるのかよくわからない写真になっちゃうことも多く、ちょっと場所を移動してもらって撮影することもあります。そんなとき僕はアングルを変えやすいように小石の裏に乗せて撮ることが多いのですが、湾内@大瀬崎には小石が無いので葉っぱに乗せて撮影してみました。水流を起こさないように注意が必要ですが、黒い葉っぱの上は輪郭がハッキリしてイイですね。

トモエミノウミウシの一種1と同じ種かもしれません。

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎のヒドロ虫がモシャモシャ生えた砂地を歩いていました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!

スポンサーリンク