海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > マツカサウミウシ・スギノハウミウシの仲間

Izuzuki Diver

ヤマトメリベ

Melibe japonica

ヤマトメリベ
2001年4月 大瀬崎 -9m

岬の先端@大瀬崎で初めてコイツを見たときは結構衝撃的でした。ゼリー状の物体が意志を持ってうごめいてる様はブキミの一言に尽きます。とてもウミウシには見えません。しかも中層に舞い上がると体をクネクネさせて泳ぎにならない泳ぎを始めるし、、、こんな変な生き物を拝めるのは大瀬崎ぐらいだろうと思ってたんですが(失礼!大瀬崎にはいろいろ不思議な物が多いのです)、八丈島に行ったときもそこら中にいてビックリ!!ガイドさんが見つけるたびに飛ばすもんだから、中層を何匹もクネクネしてて激しくブキミでした。(^^;;

以前はムカデメリベと掲載していましたが、ウミウシ図鑑.comのあかさかさんからヤマトメリベではないか?とご指摘いただいて再度見直したところ、体色がほぼ透明で背面突起の付け根が赤くなること、体長が30cmほどあったこと、中層を流れてきたことからヤマトメリベとしました。ちなみに、八丈島にたくさんいたのは、ムカデメリベやヒメメリベだったようです。

お勧め Watching Point

中層を流れていました。

レア度

★★★★★:もう一生会えないかも!こんなヤツに出会ったら目が潰れます。

スポンサーリンク