海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > マツカサウミウシ・スギノハウミウシの仲間

Izuzuki Diver

ミレニアムマツカサウミウシ

Doto sp.

ミレニアムマツカサウミウシ
2007年1月 大瀬崎 -9m

ウミウシガイドブック(2)-伊豆半島の海から(TBSブリタニカ)を開いた多くの人がこの名前を見て苦笑したんじゃないだろか。でもみんな、「センスない~!」って酷評しながらも、いち早く名前を覚えちゃったのは、著者である鈴木敬宇さんの作戦勝ちかも。ちなみにウミウシガイドブック2の写真は赤いきれいな個体が写ってるんだけど、実際に僕が見たヤツはと言えば、ガヤの茎に付く不気味な物体としか言いようがなかった。。。

「今週の〇〇~!! 第581回 命のごった煮(2017-07-08)」より
ミレニアムマツカサウミウシ命のごった煮僕はスダレガヤセンナリスナギンチャクに着生してるんだと思ってましたが、図鑑を見るとセンナリイソギンチャクがスダレガヤの茎(?)に着生しているようです。
このスダレガヤには、ウミシダも着生していました。
そして、そのスダレガヤに寄生するミレニアムマツカサウミウシとその卵隗。。。
海の生き物は依存しあって生きている。
命のごった煮だ~。
(2017-06 大瀬崎 -28m)

お勧め Watching Point

数十cmに伸びる大きなガヤ(名前がワカラン)やスダレガヤの茎(?)を見ると良くついてます。あまりウミウシには見えないですね。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク