海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > キセワタ・シボリガイの仲間

Izuzuki Diver

ヨコジマキセワタ

Philinopsis lineolata

ヨコジマキセワタ
2006年3月 大瀬崎 -20m

ウミウシって不味いことで殻が無くても自分の身を守れると言われます。でも、時々間違えてかじっちゃうサカナがいるのでしょう、身体の一部が無くなってるウミウシはたまに見かけます。見た目はかわいそうですが、本人はいたって元気だったりします。コイツもサカナにかじられたのか、プロポーションが崩れてしまってますが、痛そうなそぶりも無くフツーに砂に潜って行きました。悩みが無さそうでイイですね。(笑)

ヨコジマキセワタadヨコジマキセワタは大きいほうが引き締まった黒になって、白いラインが引き立ちます。が、砂が乗っかってるとそれも目立っていけません。うー、そこのダイバー御一行さん、もう少し優しくフィンを使って~。
(2011-04 大瀬崎 -3m)

お勧め Watching Point

砂地で砂の上を歩いている姿を見かけます。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク