海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > キセワタ・シボリガイの仲間

Izuzuki Diver

トンプソンアワツブガイ

Colpodaspis thompsoni

トンプソンアワツブガイ
2002年9月 IOP(伊豆海洋公園) -13m

コイツはmm単位の小さなウミウシだけど、この独特の模様のおかげで意外と目に留まりやすいのです。
とは言っても、目に留まったこの模様がウミウシだってことを知らなかったらそれまでなんで、ネットサーフィンしてウミウシ画像を眺めるのも無駄じゃないですね。

トンプソンアワツブガイ僕が初めてコイツに出会ったのは慶良間の海でした。ガイドをしてくれた小野にぃにぃがどこからとも無く掘り出して見せてくれたのです。
それにしても、コイツを見つけてもフツーは「名前がわからん」で終わってしまうところだけど、ちゃんと名前を調べてウミウシだってことを突き止めたのは凄い!!
(2007-04 慶良間 -13m)

お勧め Watching Point

この色のパターンを頭に叩き込んで、岩肌などを丹念に探せば見つかるかも。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!

スポンサーリンク