海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > キセワタ・シボリガイの仲間

Izuzuki Diver

マメウラシマ

Ringicula doliaris

マメウラシマ
2011年5月 大瀬崎 -11m

つるつるした小さなカイが砂に半分埋まっていたから、つるつる好きの僕としては見過ごすことができず、石の上に載せて撮影しました。しばらく待ってたら軟体部が出てきて歩き出してくれたんだけど、水管が見えないからウミウシの仲間かな~ナンテネ!などと思いながら撮影してたんですが、本当にそうだったとは!!

貝殻の形と出会った水深を考えると、マメウラシマで相違ないと思うけど、厳密にはひっくり返して貝殻の口の部分を撮らなきゃいけなかった。。。失敗。。。

マメウラシマのB面シマッタ!!逆さまに撮ってしまいました。貝殻の撮影は口を下にして撮るのがセオリーなのに。。。とは言え、ウィンターグローブでは摘み上げるのも一苦労なのに、貝殻の向きや角度を微妙に調整するなんて芸当はできなかったとは思いますが。。。
(2012-04 大瀬崎 -10m)

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎の砂に半分埋まっていました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク