海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > キセワタ・シボリガイの仲間

Izuzuki Diver

カラスキセワタ

Philinopsis speciosa

カラスキセワタ
2005年5月 IOP(伊豆海洋公園) -19m

カラスキセワタと聞くと湾内@大瀬崎にいるってイメージを勝手に抱いていましたが、IOPの砂地にも棲んでるのですね。
僕のホームゲレンデはIOPですが、考えてみるとIOPではあまり砂地に行かないから、砂地を潜る機会は大瀬崎のほうが多かったのです。足元を見落としていました。(^_^;)

デカいカラスキセワタ慶良間で4cmのカラスキセワタに会って、デカいねぇって話してたら翌週の大瀬崎でさらにデカい7cmのヤツに会ってしまいました。でも、改めてネットや図鑑を見てみると、10cmぐらいには平気でなるみたいですね。
(2006-05 大瀬崎 -21m)

カラスキセワタygカラスキセワタのチビッコを砂の上で撮影したら、砂の色に溶け込んでなんだかわからない画像になってしまいました。この写真を見ると砂に溶け込んで見つけにくそうなんだけど、実際はもっと黒々としていて浮いて見えます。写真じゃ伝わりにくいことって多いです。。。表現力の問題か。。。
(2010-03 大瀬崎 -7m)

お勧め Watching Point

砂地で会えます。IOPでは波の影響を受けにくい深場まで行かないとなかなか。。。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク