海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > キセワタ・シボリガイの仲間

Izuzuki Diver

カイコガイ

Aliculastrum cylindricum

カイコガイ
2013年2月 大瀬崎 -10m

春になると湾内@大瀬崎にたくさん落ちてるフクロノリって、袋の内側にカイだかウミウシだかが張り付いているのが外から透けて見えるのですが、どんな種類の生き物かまでは特定できません。ちょっとくじ引き気分ですが、大抵はあまり興味を引かれないジミなカイが出てくるだけなんで、フクロノリの内側を覗く時はジュースの自販機で当たりが出るかな?程度の期待感で覗くのですが、たまにゃ当たるものですね。まぁ、ウミウシ好きでもなければ、コイツを引いても興味を引かれないジミなカイなのでしょうけど。

茶色のカイコガイ2011年の湾内@大瀬崎の春、尋常じゃないぐらいにカイコガイの殻が落ちています。相当な個体数がいるものと思われるので、適当に掘ると出てきます。(^^
(2011-05 大瀬崎 -9m)

お勧め Watching Point

フクロノリに付いていたり、砂に埋まっていたり。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク