海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > キセワタ・シボリガイの仲間

Izuzuki Diver

ツララガイ

Acteocina decorata

ツララガイ
2012年4月 大瀬崎 -7m

砂の中に潜ってた貝殻持ちウミウシです。貝殻の先っぽがオレンジ色になってるのが特徴、、、になるのでしょうか?このテのウミウシは貝サイトの情報が役に立つことが多いのですが、絵合わせだけだとちょっと限界があります。

ツララガイ左側左側から撮影してみました。拡大してみないとわからないのですが、オレンジ色の細かいラインが入っていて、ちょっとキレイかも。。。その場じゃ絶対見えませんけど。。。
(2012-04 大瀬崎 -7m)

ツララガイB面B面です口は貝殻のまいてる部分にかからないのですが、肉眼ではよく見えません。。。(汗)
(2012-04 大瀬崎 -8m)

ツララガイスジ付きオレンジ色の細いラインが盛大に入ってるヤツもいます。肉眼では良く見えないけど。。。(大汗)
(2012-04 大瀬崎 -8m)

オオコメツブの仲間としていましたが、日本近海産貝類図鑑を見てツララガイということにしてみました。

お勧め Watching Point

春の湾内@大瀬崎で砂に潜っていました。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク