海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ヒトエガイ・フシエラの仲間

Izuzuki Diver

ウミフクロウ

Pleurobranchaea japonica

ウミフクロウ
2004年5月 IOP(伊豆海洋公園) -5m

図鑑で見るウミフクロウは、本当にフクロウの形をしてて、僕にとっては結構憧れのウミウシだったんですが、僕が出会ったウミフクロウの印象は顔がでかいカタツムリだった。形がと言うより、質感とかイメージが。しかも、カタツムリのクセに動きが速くて撮りにくい。ちなみに殻は横腹のヒダのところからチラッと見えて、カタツムリの片鱗を伺わせます。(笑)

ウミフクロウのチビウミフクロウは小さくてもやっぱりカタツムリに似ています。と思ったけど、カタツムリの小さいのってもっと身体はスリムでしたね。
(2006-04 IOP -5m)

お勧め Watching Point

ウミウシガイドブック(2)-伊豆半島の海から(TBSブリタニカ)に書いてあった通り、浅場(オクリダシ@IOP)の石の下にいました。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク