海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > フジタウミウシの仲間

Izuzuki Diver

カンナツノザヤウミウシ

Thecacera sp.

カンナツノザヤウミウシ
2007年1月 大瀬崎 -23m

ピカチューの愛称でダイバーに親しまれてるウデフリツノザヤウミウシのようにキレイで、それでいてウデフリツノザヤウミウシとは比べ物にならないぐらい珍しいとくれば、当然のように人気が出るわけです。そして、大瀬崎のような大きなダイビングサイトでは、人気のある生き物は「どこそこにいたよ」って情報が流通してるんで、タイミングさえ外さなければ出会うのはわりと簡単なのです。未知な生き物との遭遇はダイビングの醍醐味だけど、こーゆー宝探しもまたダイビングの楽しみ方かな。

カンナツノザヤウミウシ大瀬崎ではカンナツノザヤウミウシがいれば話題になると思っていましたが、2008年は数が多くて情報無しでも出会えるウミウシになりそうな予感。。。
(2008-11 大瀬崎 -25m)

お勧め Watching Point

砂地のコケムシを食べているんで、生息環境はウデフリツノザヤウミウシよりミズタマウミウシに近いです。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク