海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ドーリスの仲間

Izuzuki Diver

コシボシウミウシ

Sclerodoris sp.

コシボシウミウシ
2004年2月 IOP(伊豆海洋公園) -13m

コイツは石をめくったらハラハラと舞い上がってしまったんで、どんなカイメンの上にいたかとかがわからなくなっちゃったけど、舞い上がらなかったらきっと目に入らなかったでしょう。
背中がボコボコしてて、エラの周りに白いブツブツまであって、これが人の顔のお肌だったらかなりイヤだけど、カイメン擬態系ウミウシとしてはなかなか完成度の高いフォルムと言えるんじゃないでしょうか?ウミウシウォッチャーにとって個性的なのは大歓迎です。

コシボシウミウシ(俯瞰)一度出会ってしまうと、その後はコンスタントに会えたりするものです。でも、意外なことにカイメンにいるところを見たことがありません。それはこのウミウシがカイメンの上に棲むウミウシじゃ無いのか、それともコイツがカイメンの上にいたら僕には見つけられないだけなのか。。。
(2006-03 IOP -10m)

お勧め Watching Point

石の裏に案外たくさんいますが、見慣れないと見落としちゃうかも。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク