海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > アメフラシの仲間

Izuzuki Diver

タツナミガイ

Dolabella auricularia

タツナミガイ
2014年6月 大瀬崎 -6m

タツナミガイは春の湾内@大瀬崎には、けっこうごろごろ転がってます。アメフラシの仲間で、よ~~~~く見ると目のようなものが顔についてます。タツナミガイが歩き回ってる姿を初めて目撃したときは、ビックリしました~。それまでこの生き物のことをホヤだと思ってたんです。だって~、背中に怪しげな穴があいてるしぃ~、岩の根元に頭を突っ込んで寝てる(?)ところしか見たことなかったしぃ~。

タツナミガイの顔全体像はホヤみたいなタツナミガイですが、顔のアップを見ると1ドットのつぶらな瞳が愛らしい。。。そうでもないか。。。(^^;;
(2014-06 大瀬崎 -6m)

お勧め Watching Point

春の湾内@大瀬崎のゴロタ付近には、た~くさんいるのに、他では見たことないです。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク