海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> ヤドカリの仲間>ユビナガワモンヤドカリ

Izuzuki Diver

ユビナガワモンヤドカリ

Ciliopagurus krempfi

解説

ユビナガワモンヤドカリ
2005年3月 IOP(伊豆海洋公園) -35m

コイツはヤマヒメの横にいました。ゴージャスな組み合わせにどっちから撮ろうか迷いましたが、とりあえずコイツをひっくり返しておいて出てくるまでの間にヤマヒメを撮影することにしました。僕ってば頭イイ~!!
でもちょっと甘かった?一通りヤマヒメを撮影した後ひっくり返しておいた殻を見たら爪の先1本たりとも出ていませんでした。(笑)
一体どのくらいDECOを出せば撮影できるんだ~!?と気が遠くなりそうでしたが、殻を伏せてみたらすぐに出てきてくれたんで、そっと殻をひっくり返したら案外素直に撮らせてくれました。警戒心が強くても所詮ヤドカリ、頭は良くないみたいですね~!(笑)

ユビナガワモンヤドカリ大瀬崎にはユビナガワモンヤドカリが好きそうなイモガイの仲間の貝殻がたくさん落ちてるから、ユビナガワモンパラダイスです。のはずですが、別にたくさん見かけるワケでもありません。
(2010-04 大瀬崎 -41m)

ユビナガワモンヤドカリユビナガワモンヤドカリって、体が薄くて、チョイスする貝殻も口の薄いものを好むんじゃないかと思っていたのですが、コイツとの出会いでその仮説はもろくも崩れ去ってしまいました。まぁ、もともとどうでもいい仮説なんで、崩れ去っても何でもないのですが。。。(^^;)
(2014-04 大瀬崎 -47m)

お勧め Watching Point

天気も悪くて濁りもひどくて真っ暗なときに会えました。たまたまかもしれないですが。。。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!