海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > ウニ・ナマコ・ヒトデの仲間

Izuzuki Diver

ラッパウニ

Toxopneustes pileolus

ラッパウニ
2012年2月 大瀬崎 -8m

なんてことないウニの画像ですが、コイツはいつもゴミを見にまとっていて、こんなに全身露にして海底に転がってるってことはほとんどないから、これは貴重なが画像なのです。(笑)
単に通りすがりのダイバーに身ぐるみ剥がされただけかな?

ラッパウニ近くでラッパ状になってるトゲをよーく見て行くと、まるで花のようで美しいです。
このトゲは、身を隠すためのゴミをくっつける役目があるようなんですが、どんな感触なんだろう?そしてこの指先で触って見たくなる形、、、うーーーん、触ってみたい。毒あるらしいですが。。。

お勧め Watching Point

伊豆じゅうの岩礁域にフツーに転がってるけど、ゴミくっつけてることが多いから目立たないかも。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク