海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > ウニ・ナマコ・ヒトデの仲間

Izuzuki Diver

オーストンフクロウニ

Araeosoma owstoni

オーストンフクロウニ
2017年5月 大瀬崎 -30m

コイツは、水温が低いときだけダイバーが目にすることができる水深まで上がってくる、深場のウニなのだそーです。冬になると外海@大瀬崎ではやたらと見かける気がしますが、不思議なことにIOPでは局所的にしか現れず、その場所も年によって違うらしい。。。そんな話を聞くと、ただ転がってるだけに見えるウニだけど、意志を持って生きているんだなって感じられて、それがちょっと嬉しい。

お勧め Watching Point

冬の大瀬崎では風物詩とも言えるけど、IOPではちと見つけにくいかも。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク