海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> 二枚貝の仲間>ヒオウギガイ

Izuzuki Diver

ヒオウギガイ

Mimachlamys nobilis

解説

ヒオウギガイ
2006年3月 大瀬崎 -5m

よく海辺の土産物屋で売ってる貝殻のセットに色とりどりな二枚貝入ってますが、それです。僕は絶対土産物屋の人が色を塗ってるんだと思っていたのですが、もともと色とりどりな貝殻を持つのだそうです。でも、土産物屋で売ってる紫色は海の中で見たことが無いから、まだちょっと疑っています。(笑)

紫の個体紫色のヒオウギガイがいました。やっぱりパートのおばちゃんが一所懸命色を塗ってたワケでは無かったようです。
(2007-11 大瀬崎 -14m)

目が恐い巻貝の仲間はソイツが持ってるであろう脳みそには不釣合いなほどの立派な目を持っててびっくりしますが、2枚貝もなかなか力のある目を持っています。でも、いったいどこまで見えてるのだろう?
(2009-05 大瀬崎 -6m)

お勧め Watching Point

岩の間に挟まってました。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。