海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > サンゴ・イソギンチャクの仲間

Izuzuki Diver

キッカイソギンチャク

Antheopsis koseirensis

キッカイソギンチャク
2008年8月 大瀬崎 -16m

名前の示すとおり、菊の花のようなバランスの取れた形のイソギンチャクです。いかにもクマノミとかエビが付いていそうな雰囲気がありますが、毒が強いのでしょうか?クマノミやエビには今ひとつ人気が無いようです。

触手が伸びたキッカイソギンチャク触手が開くと大きく存在感が増します。冬のほうが若干元気かな??
(2012-01 大瀬崎 -8m)

変わった色のキッカイソギンチャク真ん中の部分に少し蛍光オレンジが入った個体です。触手の先の色も緑色で変わってるんだけど、この部分も褐虫藻によって色が変わるのでしょうか?
(2012-02 大瀬崎 -10m)

お勧め Watching Point

岩場の中の砂溜まりのような場所にポツンと生えてる印象です。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク