海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 >

Izuzuki Diver

ツミイレカイメン

Suberites ficus

ツミイレカイメン
2012年3月 大瀬崎 -8m

「今週の〇〇~!! 第459回 片利?相利?(2012-03-29)」より
湾内@大瀬崎でカイメンの塊が落ちていたら、必ずヤドカリが棲んでるって感じているのは、僕だけでしょうか? この組み合わせ、僕はヤドカリがカイメンの穴に無理やり棲んでるものと思っていましたが、ネットで検索したところヤドカリの棲んでる貝殻にカイメンが育った結果のようです。これも共生になるのかな?一見ヤドカリ側には利益が無いように見えるのに対して、カイメン側はヤドカリが動き回ってくれたりヤドカリの食べカスにありつけそうなので、片利共生ってことになるのでしょうか? でも、この関係をいつでも破棄できるのはヤドカリの方だろうと思うんだけど、何で破棄しないのでしょう?意外にヤドカリの側にもメリットあるのかな?

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎ではヤドカリが背負ってます。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!

スポンサーリンク