海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > 他甲殻類 >

Izuzuki Diver

ホテイヨコエビの一種1

解説

ホテイヨコエビの一種1
2005年5月 IOP(伊豆海洋公園) -31m

時々ネットで、綺麗なホヤに可愛いヨコエビがたくさんくっ付いてる写真を、タルマワシと紹介してたりするのですが、タルマワシって生き物はサルパの中に暮らす透明な甲殻類で、色も形も全然違うのになんで~?と思ってました。
ネットの情報って必ずしも信憑性は高くないけど、いくらなんでもこれは間違いようがない。標準和名的なサクラダイと市場的なサクラダイが別のサカナを指すように、意図的に別の生き物に同じ名前を使ってるのかな?なんて勘ぐってました。
ところがある日、山渓ポケットガイド・海辺の生き物(山と渓谷社)を眺めてたら載ってました。サルパに群がるオオタルマワシのチビ達って、ホヤに群がる可愛いヨコエビ達にそっくり。(笑)

ちなみに、このヨコエビはサルパにもホヤにも群がりません。ホヤに付けばスターになれたのに。。。

ヒメジのおでこひょっとしたら別の種類かもしれませんが、砂が黒っぽい大瀬崎では茶色の個体に出会えました。色違いの写真を集めてみるのも面白いかも。
(2010-04 大瀬崎 -16m)

お勧め Watching Point

春の砂地で跳ねてまいます。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!