海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > カイの仲間

Izuzuki Diver

キドイトカケギリ

Turbonilla kidoensis

キドイトカケギリ
2011年4月 大瀬崎 -7m

砂地で砂に潜ったりしながら暮らすカイの中には、コイツみたいに長い貝殻を持ったヤツが結構いるんだけど、貝殻を砂に埋めるのに有利な形なのでしょうか?でも、砂の中で小回りが効かなくてにっちもさっちも行かなくなったりしないのだろうか?
どーでも良いことですが、軟体の形が「まことちゃん」のサバラに見えてなりません。

キドイトカケギリの全身顔だけ見ているとウミウシの仲間に見えるけど、今のとことウミウシには属さないみたい。。。その軟体部は、透明感があって美しいのですが、肉眼では見えない。。。(汗)
(2012-03 大瀬崎 -8m)

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎の砂地を歩いていました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク