海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > カイの仲間 >

Izuzuki Diver

ホリキヌヅツミ

Hiata coarctata

解説

ホリキヌヅツミ
2005年7月 大瀬崎 -25m

ヤギに寄生するタカラガイの仲間はみんな擬態が見事。コイツなんかポリプみたいな突起まで生やしちゃって、芸が細かい。でも、ヤギがポリプを引っ込めてるときは目立っちゃうなんてことまでは、気付いてなかったのかな?

ホリキヌヅツミガイ↑なんて書いたけど、実はポリプに似せたケバケバを引っ込みることもできるみたいです。スゴイ!!
でも、ポリプが引っ込んだヤギの上で平気でケバケバを出したりしてるんですが。。。(^^;;

ホリキヌヅツミガイの貝殻外套膜をツンツンしてみたらこんなオレンジ色の貝殻が出てきちゃったんだけど、これって貝殻にオレンジ色が付いてるわけじゃないよね、きっと。
(2005-07 大瀬崎 -25m)

貝殻が白い個体ホリキヌヅツミの貝殻はオレンジ色してるもんだと思ってたのですが、コイツをツンツンして出てきた貝殻が白かったので意外でした。ただ、貝殻サイトの微小貝には白い貝殻も載っていたので、まぁホリキヌヅツミなのでしょうね。ホストの違いなのかな?
(2007-10 大瀬崎 -23m)

お勧め Watching Point

エダムチヤギに付いています。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!