海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > イカ・タコの仲間

Izuzuki Diver

ヤリイカ

Loligo bleekeri

ヤリイカ
2003年3月 大瀬崎 -16m

アオリイカは夏の日中に堂々と産卵してくれるから、産卵シーンも見やすいんだけど、ヤリイカの産卵は真冬の夜だし、日中はほとんどダイバーの目に付く水深にいないから、僕も最近まで生きたヤリイカを見たことがありませんでした。
だから釣り人の皆さん、夕方器材を車に積んでるダイバーに「ヤリイカいる?」て聞いても「アオリしかいないよ」って答えられるかもしれないけど、あきらめないでね。

イカタマ成長記録~!! 画像が悪くてスミマセン。。。
1週目
ヤリイカの卵1週目まだ、ただの透明な玉です。
2週目
ヤリイカの卵2週目おっ、ちょっとイカの形っぽくなってきました。
3週目
ヤリイカの卵3週目おお~!!イカだイカだ~!!このステージが一番キレイで好き。
4週目
ヤリイカの卵4週目もういつでもハッチアウトしそうな勢いです。中でプルプル動いてるのが可愛らしい。

「今週の〇〇~!! 第285回 ヤリイカの狙いは?(2006-02-28)」より
ヤリイカの全身午後の湾内@大瀬崎に潜ってみたら、所々ヤリイカの卵が産み付けられていて、そのうち1つの卵塊の上に大人のヤリイカがホバっていました。まだ明るいうちからヤリイカに会えるなんて初めてのことだから、にじり寄って何枚か撮影したのですが、あまり逃げようとしません。と言うより、何らかの意思を持ってこの場所に溜まっているように見えます。
一体ヤツの狙いは何なのでしょうか?ヤリイカが卵保護するなんて聞いたことないから、卵を産みに来る♀をナンパしようと狙ってる♂ってのが有力な説かな?暗くなるのを待ちきれないヤツがいるぐらいだから、今晩はたくさんのイカが集まってくるのかな?なんて思いながらその場を後にしました。
そして夜、ヤリイカの産卵フィーバーを期待してコイツがいた場所を訪れてみたら、シーンとしてました。何にもいません。たっ、卵の上でホバってたのは単に休んでただけ?(@@
(2006-02 大瀬崎 -21m)

お勧め Watching Point

冬の夜、大瀬崎でナイトダイビングをすると出会えるかも。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク