海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > イカ・タコの仲間

Izuzuki Diver

ケンサキイカ

Loligo edulis

ケンサキイカ
2009年7月 大瀬崎 -20m

砂地に生えるイソギンチャクみたいなコイツの卵をときどき見かけてはいたのですが、本体にはなかなかお目にかかることが出来ずにいました。まぁ、イカは夜行性なヤツばっかりだから、ナイトダイブで狙いに行かないとチャンスは無いだろうと思ってたんだけど、ある日中層を見上げたら、フツーに漂ってました。(汗)
このときがたまたまだったのか、実は今まで結構出会ってるのに僕が勝手にアオリイカだと思ってただけなのか。。。

アオリイカは頭のパタパタが頭全体に回り込んでるから、ちゃんと見ればアオリイカじゃないことは一目瞭然です。(^^

ケンサキイカの卵ケンサキイカの卵は砂地に生えるように産み付けられています。なんでうまいこと流されずにいるのか不思議です。

卵の中の赤ちゃんケンサキイカの卵の中には、赤ちゃんがビッシリつまっていました。おしゃぶりみたいなものを咥えているのが可愛いです。
(2007-05 IOP -26m)

お勧め Watching Point

夏の昼下がりに、中層を漂ってました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク