海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > イカ・タコの仲間

Izuzuki Diver

ヒョウモンダコ

Haplochlaena fastigiata

ヒョウモンダコ
2007年2月 IOP(伊豆海洋公園) -5m

コイツは可愛らしいサイズに似合わず、噛まれると人でも命にかかわるほどの猛毒を持っていることは、ダイバーなら誰でも知ってることです。と思ってたんですが、、、以前、熱海の某ショップのガイドで初島に潜ったとき、ヒョウモンダコがテケテケ歩いてるのを見つけたんで、ガイドさんを呼んで教えたんです。ところが、ガイドさんの反応は意外なものだった。彼はおもむろにグローブを外すと、ブルーの斑紋を鮮やかに浮かび上がらせてるヒョウモン君に向かって、指を突きだそうとしたのです。(@@)
僕は慌てて制止して、彼のの顔をのぞき込んだんだけど、目が笑ってない、キョトンとしてる。げげー、わかってない!!とりあえずキケンサインを出したら、ビックリしてたけど、こっちがビックリしたよ。。。
彼は後に「客にキケンサインを出されたのは初めてだ」と語ったそうだけど、ヒョウモン君が毒持ってることなんて、OWの講習でも習うじゃん。って言うか、教える立場じゃん!!


泳ぐヒョウモンダコ
タコって、大体みんな穴や砂に潜ってビクビク生活を送っているのですが、コイツは白昼堂々と中層を泳いでいました。いくら毒があるからって、間違えてベラに齧られたりはしないのでしょうか?
(2011-12 大瀬崎 -6m)

お勧め Watching Point

伊豆の岩礁では時々見かけます。IOPでは、僕はオクリダシで見かけることが多いかなぁ。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク