海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > エビの仲間

Izuzuki Diver

ウミウシカクレエビ

Periclimenes imperator

ウミウシカクレエビ
2001年1月 IOP(伊豆海洋公園) -12m

こないだIOPで巨大なウミウシカクレエビがナマコに付いてた。こんな巨大なヤツは初めてだったから、嬉しくて嬉しくて、何度も何度もナマコをひっくり返して写真を撮ってたら、ナマコがどんどん丸くなっちゃって最後はもうボール。岩の上に置いたらコロコロ転がっちゃって、エビは必死の玉乗り状態でした。
見てる方は面白かったけど、エビにしてみたら大迷惑ですね。ゴメン。。。

それにしても、ウミウシカクレエビって大きくなるとただの水玉模様になっちゃうんですね。

ウミウシカクレエビ(普通)よく見かけるサイズのウミウシカクレエビは、だいたいこんな色してます。コイツはウミウシやナマコやベッコウタマガイの仲間(通称オハギウミウシ)に付いてるところを見たことがあります。何にでも付くなぁ。。。

ピカチューに乗ったヤツせっかくのウミウシカクレエビ、どーせならナマコの上よりもきれいなウミウシの上で見たほうがゴージャスでいいですね。この組み合わせは大瀬崎で結構な人気者になっていました。こんなに盛り上がると、ナマコの上で見つけたウミウシカクレエビはピカチューに移しておきたくなりますね。
(2008-01 大瀬崎 -24m)

お勧め Watching Point

伊豆では秋から冬に時々見かけます。ただし、ほとんどがナマコの上。