海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > エビの仲間 >

Izuzuki Diver

ニセオニテッポウエビ

Alpheus rapacida

解説

ニセオニテッポウエビ
2005年10月 大瀬崎 -18m

大瀬崎でカスリハゼ、クサハゼイトヒキハゼなどの泥ハゼと言われる共生ハゼを見ると、一緒に暮らすエビはみんなコイツみたいです。ハゼとエビには合う合わないがあることは知られているから、別に泥ハゼが泥好きなんじゃなくて、泥ハゼと合うエビが泥好きなだけなのでしょう。ってことで、泥ハゼは泥エビ共生ハゼと呼ぶのが正しいのかもしれませんが、、、どっちでもいっか。

スジハゼと共生していたニセオニテッポウエビエギジット間際、フィンを脱ごうとしていた水深1mでスジハゼと共生していた個体です。泥で模様が見えないけど、尻尾の方に毛が生えてるけど、ニセオニテッポウエビでイイようです。
(2015年04月 大瀬崎 -1m)

お勧め Watching Point

わりと泥っぽいところが好みのようです。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。