海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > エビの仲間

Izuzuki Diver

ムチカラマツエビ

Pontonides sp.

ムチカラマツエビ
2005年2月 大瀬崎 -23m

大瀬崎で出会ったちょっと白っぽいヤツです。
しかし、こーゆーサンゴに付く生き物っていい加減にとってもそれなりにきれいな写真になるから楽だ~。(^^

(初めて出会ったときのコメント)
ムチカラマツエビ何故か縁のない生き物っているもんで、僕は経験本数900本を目前にして初めてコイツに会うことができました。嬉しくてバディに「初めて見たよ~。」って言ったら、「よくいるじゃん!」と一蹴されてしまいました。確かに翌日も別のところにいたけど。。。(-_-;)
(2001年12月 IOP -40m)

「今週の〇〇~!! 第536回 コイツの存在忘れとった~!!(2015-04-05)」より
ムチカラマツエビキミシグレカクレエビは僕にとっては縁の薄いエビです。
水中写真を撮り始めたばかりの頃に一度ガイドで見せてもらったきりで、マトモな写真が撮れてません。個体数が少ないから自力で見つけるのもキビシイので、見つかった時に場所を聞いて会いに行くのですが、ことごとくハズして来ました。
この日もシーキングの赤堀さんがいると言うので、場所を聞いて会いに行ったのですが、なかなか見つかりません。諦めかけたとき、やっと小さなエビが目に入ってきました!ムチカラマツの上を激しく走り回るエビを何とか写真に収め、有頂天でエギジットしました。
でも家で画像をチェックして愕然、ツノ無いじゃん!!
キミシグレカクレエビのことで頭がいっぱいで、ムチカラマツエビの存在を忘れてた。。。(ーー;)
(2015年3月 大瀬崎 -21m)

お勧め Watching Point

ムチカラマツを探すと結構いるのかもしれませんが、絶対にビシャモンエビよりは少ないハズ。。。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク