海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > エビの仲間

Izuzuki Diver

ハクセンエビ

Plesionika ortmanni

ハクセンエビ
2007年8月 大瀬崎 -31m

ハクセンエビはエリマキエビと並んで深場のエビの代表格ですが、大瀬崎湾内ではときどき-30mほどの場所で会えるそうです。現地のガイドさんの話だと、春先にはわりとあることなんだそうで、水温が低いのも捨てたもんじゃないですね。

ハクセンエビ(IOP)この日のIOPは潮が複雑に吹き上がったりしてたから、流されてきちゃったのかも。ちっちゃいのが2匹忽然と現われたそうです。忽然と、、、、不思議ぃ。(^-^;;

抱卵したハクセンエビお腹に鮮やかなグリーンの卵を抱えたお母さんエビがいました。でも、近くにお父さんの姿はありません。
身重の奥さんを置いてどこに消えたんだ~!!
(2017-01 大瀬崎 -50m)

お勧め Watching Point

大瀬崎やIOPの深場にいます。ダイバーが行ける深度にはそれほど多くないですが、スナイソギンチャクに付いているんで、いれば探すのはそう難しくないでしょう。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク