海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ウツボ・アナゴの仲間

Izuzuki Diver

タカマユウツボ

Anarchias seychellensis

タカマユウツボ
2004年5月 IOP(伊豆海洋公園) -10m

ダイバー以外の人にとってウツボは獰猛なサカナというイメージがあるかもしれませんが、実際海で出会うウツボは穴の中から顔を覗かせるだけで、もちろんダイバーに飛びついてきたりはしません。
それどころか、コイツのような小型のウツボ達は、石の下でひっそりと暮らしていて、ダイバーと目が合うとすぐに隠れてしまうような臆病者。なかなかじっくりとは観察できませんが、ウツボ顔のままちっちゃいのがカワイイです。
ちなみに、ホシキカイウツボとはマユが違います。

タカマユウツボ日中に岩の下から出てくるのはとっても不安なのでしょう。すぐにスタコラサッサと逃げてしまってなかなか正面からは撮影させてくれません。

「今週の〇〇~!! 第349回 危害ナシ(2007-07-03)」より
タカマユウツボただでさえ小さいタカマユウツボのチビは、自分の小指よりふたまわり小さいんだけど、歯を剥き出して僕を威嚇してきます。小さな生き物が怒ってる姿が可愛いのはナゼなんだろう?コイツには僕に危害を与えるのはムリだろうって奢りかな?
(2007-07 IOP -10m)

お勧め Watching Point

伊豆では石の下で。。。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク