海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ウツボ・アナゴの仲間

Izuzuki Diver

モンガラドオシ

Ophichthus erabo

モンガラドオシ
2005年6月 IOP(伊豆海洋公園) -19m

ネットや図鑑を見てたりすると伊豆では結構コイツに出会えるような感じを受けるんだけど、何故か僕にとってはレアなヤツです。砂から顔だけ出してる系のサカナの中では模様がキレイなんだけど、まぁ、どーしてもまた会いたいと言う程の思い入れはありません。
砂の潜り方は、顔の向きから予測すると30度ってところでしょうか?

砂から出てるモンガラドオシモンガラドオシが全身を晒していました。想像していなかった模様にビックリ!!どこかのおじさんが可愛いパジャマを着ているのを見てしまったような気まずい気分です。しかし、普段砂の中に潜ってる身体にこんな模様が付いててどーするんだろう?確かに人間から見れば、蒲焼にして食べる気は起こらないけど。。。(汗)
(2011-06 大瀬崎 -12m)

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎でも砂場@IOPでも会えました。砂地ならどこでもいいのかも。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク