海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ウツボ・アナゴの仲間

Izuzuki Diver

ハナアナゴ

Ariosoma anago

ハナアナゴ
2016年10月 大瀬崎 -20m

コイツは夜行性なのかな?日中見かけるときは、だいたい下半身(?)を砂に埋めて、上半身だけ姿をさらしています。でも、そんなに深くは潜らないようなんで、しっぽが埋まってると思われるあたりの砂に手を突っ込んでみると、「ビクッ」として砂から出てきます。休息を邪魔されたハナアナゴは、ちょっと場所を移動してまた砂に潜るのですが、体をウネウネさせてしっぽから潜る姿が、またちょっとカワイイのです。
あぁ、またいぢめてしまった。

ハナアナゴyg?コイツはサビハゼの卵を見に行った春の赤沢で会えました。着底間もないハナアナゴのチビかな?半透明の体は、なんかとっても美味しそう。。。じゅる。

お勧め Watching Point

伊豆では砂地でよく見かけます。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク