海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > トラギス・ギンポの仲間

Izuzuki Diver

ニセクロスジギンポ

Aspidontus taeniatus taeniatus

ニセクロスジギンポ
2003年10月 IOP(伊豆海洋公園) -5m

「今週の〇〇~!! 第165回 濡れ衣?(2003-10-21)」より
クリーナとして人にもサカナにも認知されてるホンソメワケベラに擬態して他のサカナに近づき、他のサカナの体をかじって逃げる卑怯者と噂されるニセクロスジギンポですが、本当にそんな悪いヤツなんでしょうか?
最近オクリダシ@IOPにニセクロスジギンポ達が溜まってるんでしばらく観察してみたんですが、他のサカナをかじって逃げるところを観察することはできませんでした。それどころか、ただヘロヘロしてるだけでスズメダイにドツかれたりして、なんだか可愛そうです。
やっぱり人(サカナだけど)を食い物にするビジネスは長続きできないのかな?なんて思ったら、すぐ横でミナミギンポキタマクラをかじって逃げたりなんかしてるし、ニセクロスジギンポにクリーニングを求めてくるヤツも少しはいるのにかじらないし。。。う~む、実はニセクロスジギンポは言われてるほどワルじゃないのかもしれません。

ニセクロスジギンポよく見ると、ホンソメワケベラとは泳ぎ方が微妙に違います。ホンソメワケベラが「スイッ・・・スイッ・・・」と泳ぐのに対し、コイツは「ひょいっ・・・ひょいっ・・・」って感じなのです。微妙だ・・・。
ちなみに、この日は2匹のニセクロスジギンポがいたんだけど、両方とも背ビレの前のほうがちょっと盛り上がっていたように見えるんですが、幼魚は背ビレの前のほうが長くなってるらしいので、これはそのなごりなのかもしれません。ここで見分けられればニセクロスジギンポはぐっと身近なサカナになりますネ。
(2005-12 IOP -5m)

ニセクロスジギンポ顔のアップを見るか、泳ぎ方を観察しないと、なかなかホンソメワケベラと見分けられないなぁと思ってたけど、コイツのほうがスマートな気もします。
この見分け方、有効かな?

ニセクロスジギンポ他のサカナの体表をかじって逃げるとんでもないサカナって烙印は濡れ衣なんじゃないかと僕は思ってたのですが、現場を目撃してしまいました。(汗)
(2005-12 IOP -5m)

ニセクロスジギンポホンソメワケベラにそっくりな風貌が特徴のニセクロスジギンポレスが、穴に入って顔だけ出してる姿は紛れも無くギンポですね。昔の眼鏡をしてるような顔つきは笑える。(^o^
(2006-12 大瀬崎 -10m)

お勧め Watching Point

認識できるようになると結構いるのかな?

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク