海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > トラギス・ギンポの仲間

Izuzuki Diver

イナセギンポ

Plagiotremus laudandus laudandus

イナセギンポ
2012年8月 大瀬崎 -8m

「今週の〇〇~!! 第471回 恐怖の戦略(2012-08-25)」より
今年はイナセギンポの当たり年らしく、伊豆の各所で目撃情報があります。そんな旬なサカナに会って来ました。 思ったより小さくて、下手な泳ぎで懸命にホバリングしてる姿は、とぼけた表情と相まってなんとも愛らしい。「可愛いなぁ~(^^)」と釘付けになっていたら、イナセギンポくん、通りすがりのマダイにスルスルと近づいて、なんとマダイの体表をガブ!!っとひとかじりしてしまいました。僕もマダイも一瞬何が起こったのかわからなくて、キョトンとしてしまいましたが、当のイナセギンポは何事もなかったかのように微笑をたたえてホバリングしていました。このユルい顔も他の魚を油断させるための武器なんだろうか?なんちゅー恐ろしい戦略を身に着けてるんだ、コイツは。。。
ところで、イナセギンポの当たり年なのは間違いないんだけど、当たっているのは今のところイナセギンポだけなのかな?ベラの当たり年とか、ニザダイ類の当たり年とか、だいたい科レベルや属レベルでたり年になるパターンが多いと思うんだけど、今年はイナセギンポだけなんだろうか?オウゴンニジギンポの写真撮り直したいんだけど、来ないのかな~?

お勧め Watching Point

浅めのゴロタでひょこひょこ泳いでいました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク