海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > タツ・ヨウジウオの仲間

Izuzuki Diver

ホソフウライウオ

Solenostomus leptosoma

ホソフウライウオ
2005年12月 IOP(伊豆海洋公園) -5m

実際カミソリウオとホソフウライウオの違いなんて僕にはさっぱりなんですが、カミソリウオとホソフウライウオを別の種類に分けた学者さんがコイツの写真を見てホソフウライウオと同定されたそうなので、ホソフウライウオと言っちゃいます。(笑)
以前雑誌にスケルトンなヤツがホソフウライウオと紹介されてるのを見たことがありますが、僕は「そりゃカミソリウオのチビだよ」と思ってました。でも、今考えてみるとカミソリウオがたくさんいる年でもスケルトンを全然見かけない年もあるし、その反面スケルトンがやたら多い年もいます。また、スケルトンより遥かにデカいサイズのカミソリウオが突然現れる(着底する)こともあるから、スケルトンはやっぱりカミソリウオじゃないのかも知れません。で、少し育つとこんなヤツになるのかも。
掴みどころがないですね。やっぱりフウライウオだから?(笑)

お勧め Watching Point

多い年には多い?

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク