海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > スズメダイの仲間

Izuzuki Diver

シロボシスズメダイ

Chromis albomaculata

シロボシスズメダイ
2007年1月 IOP(伊豆海洋公園) -50m

「今週の〇〇~!! 第329回 ボー(2007-01-30)」より
数年ぶりに出会ったシロボシスズメダイのチビ、やっぱり美しいのはイイのですが、撮影が難しい。水中では青紫にボーっと輝いて輪郭がハッキリせず、ピントが合ってるか合ってないかよくわからないのです。サカナの目からも同じように見えるのかはわかりませんが、輪郭をボカすこの色がコイツの武器なんだろうなぁ。

(初めてであったときのコメントです)
シロボシスズメダイビデオの映像は光の3原色(赤・緑・青)を使ってあらゆる色を表現しようとするものですが、どーもこのシロボシスズメダイygの色合いは3原色だけじゃ表現できないような気がします。と言うのは言い訳ですが、それほど、コイツの写真や映像と実物の間には大きなギャップがあります。ある友人が、図鑑でシロボシスズメygの写真をみながら、「こんなの水中で見たってナガサキスズメダイとの違いがわからないヨ」と言ってましたが、実物を見れば全然違います。でも、色味が違うとは言えてもどのように違うのかを説明するのは難しい。。。実際に見てもらうしかないです。
ちなみに、コイツは沖縄や紀伊半島にはあまりいないけど伊豆諸島に多いスズメダイだと思います。そんなサカナがIOPの海にいたという事で、少なくとも今年(2001年)に限れば、死滅回遊魚八丈島起源説は正しいように思います。
(2001-11 IOP -45m)

お勧め Watching Point

IOPに現れるときはナゼかいつも深場です。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク