海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > スズメダイの仲間

Izuzuki Diver

オヤビッチャ

Abudefduf vaigiensis

オヤビッチャ
2015年8月 大瀬崎 -1m

オヤビッチャも伊豆の海に流れて来る死滅回遊魚の代表格で、夏を過ぎる頃には背が立つような浅場、たくさん群れるようになります。
ある日、ブリマチを目指して水面移動をしていたら、沢山のホンダワラがプカプカ浮いてた。どのホンダワラにも、黒くてちっちゃいサカナがたくさん付いてたんだけど、よく見るとそれはシマシマ模様が出る前のオヤビッチャだったのです。
おおー!!死滅回遊魚が、南の海から流されて来るプロセスをちょこっとだけ垣間見た気がします。オヤビッチャはこーして子供の頃に流れ藻に付く習性があるから、伊豆にもたくさん流れてくるのですね。ナットク!!
長旅ご苦労さまでした。

オヤビッチャの虹崩れ抜きこの日はベタ凪の大瀬崎、水底に映る波紋が虹色で綺麗でした。ストロボ炊いて虹メルしてみましたが、やっぱりシャッタースピードが遅いと色が混じってキレイな虹にならないですね。
(2012-12 大瀬崎 -1m)

お勧め Watching Point

秋の伊豆では、足がつくような浅場にたくさんいるし、流れ藻も要チェックです。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク