海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > スズメダイの仲間

Izuzuki Diver

ナガサキスズメダイ

Pomacentrus nagasakiensis

ナガサキスズメダイ
2004年9月 IOP(伊豆海洋公園) -25m

子供の時は鮮やかなブルーがラブリーなナガサキスズメダイですが、大人になるとグレーに近いくすんだ紺色になり、性格もキツくなってきます。特に卵を守ってるときの凶暴さは、伊豆のサカナの中ではチャンピオンクラスです。僕は何度噛みつかれたことか。。。それだけ子育てに必死だってことだから可愛くないなんて言っちゃいけないのかもしれないんだけど、コイツがデカいサカナじゃなくて良かったとみんな思ってるハズ。。。

ナガサキスズメダイ伊豆の海ではオトナのナガサキスズメダイにも会えます。スズメダイの仲間ではお決まりのように激~しくジミです。
(2014-09 大瀬崎 -9m)

ナガサキスズメダイ若いナガサキスズメダイの画像をデジタル現像してて気付きました。こんなにジミに見えるのにブルーが飽和してるじゃん!!つまり、僕のディスプレイじゃナガサキスズメダイの本当の色は表現できないってことみたい。やっぱりサカナの美しさは水中で見ないともったいないですね。
(2006-12 IOP -23m)

背中が欠損した個体なんか見たこと無いシルエットのサカナがいるなと思ったら、背中がざっくり欠損してるナガサキスズメダイでした。背中の筋肉がこんなに欠損しててもちゃんと縄張りを持って求愛してるんだからスゴイ!
(2009-09 大瀬崎 -7m)

着底直後のナガサキスズメダイ着底したての個体です。身体はまだスケルトンなんだけど、頭にシマシマ帽子をかぶったような模様が可愛らしい。(^^
(2011-08 黄金崎 -14m)

お勧め Watching Point

伊豆全般の岩場で見かけます。可愛い子供は夏場かな?

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク