海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > その他

Izuzuki Diver

マトウダイ

Zeus faber

マトウダイ
2015年11月 大瀬崎 -18m

マトウダイって名前は、体の中央の丸がマトみたいなことからついた名前らしいですが、このマトは興奮してるときにしか出ないと言う話もあります。写真のヤツは、春濁りの湾内@大瀬崎で、日も翳り出した午後に出会ったヤツで、写真を撮る前は、茶色のスナイソギンチャクに寄り添いながら茶色くなってました。寝てたのかも。で、そのときは確かにマトは見えなくなってたけど、それって、マトが出てないんじゃなくって、全身マトの色になっちゃうだけじゃないのぉ?ともいう気がします。
ところで、マトウダイは大瀬崎ではよく見かけるけど、東伊豆ではそんなに見かけないですね。東伊豆ばかり潜ってるダイバーは、こいつを見ると結構大喜びしてた(人もいる)んで、僕らは逆にその姿にビックリしてしまいます。そういえば、僕がはじめてマトウダイにご対面した時は、まだ相模湾と駿河湾の魚層の違いなんて全然分からなくて、ちょっと大き目のカワハギぐらいにしか思ってなかったし。。。(ヒド)
でも、ちょっと大き目のカワハギというのも当たらずも遠からず。。。実は僕、マトウダイ食べたことあるんです。カワハギみたいに肝和えで出てきたし、味もカワハギに似てる~。けど、僕はカワハギの方が好き。(*^-^*)

「今週の〇〇~!! 第35回 IOPでは珍なマトウダイ(2001-02-28)」より
マトウダイ(IOP)大瀬ダイバーにはお馴染みのサカナだけど、東伊豆では結構珍しいサカナで、僕もIOPでは初めて遭遇しました。大瀬崎にネコザメが出たようなものと言えばわかりやすいかな?(そこまで珍しくないか。。。)
コイツもIOPにいるとライトやフラッシュをさんざん浴びただろうに、それが快感になってるのかなぁ、バディがライトで照らしてる先を一緒に覗きこんだり、僕のカメラに向かって突進して来たり、犬のように愛想が良くって可愛かった。(^-^)

マトウダイのチビS2005年の春は、伊豆半島でマトウダイのチビにたくさん出会える年だったようで、伊豆を潜るダイバーを楽しませてくれました。
コイツはまだ着底直後なのかな?カメラを嫌がるとプーっと中層に浮いてっちゃいました。
(2005-05 IOP -24m)

マトウダイのチビMちょっと大きくなったチビです。お腹がぷっくりしてるのは赤ちゃん体型??
(2005-05 IOP -26m)

マトウダイのチビL日に日に育ってゆく感じです。「カワイー!!」って言われるのもこのあたりまででしょうか?(笑)
(2005-05 IOP -28m)

お勧め Watching Point

西伊豆の大瀬崎なら、湾内でも先端でも外海でも見れます。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク