海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ネズッポ・ウバウオの仲間

Izuzuki Diver

チビヌメリ

Paradiplogrammus curvispinnis

チビヌメリ顔
2002年9月 IOP(伊豆海洋公園) -26m

コイツは友人のサイトに登場して以来密かに探してたヤツなんで、見つけられてとっても嬉しい。<(^-^)>
でも、最初はコブヌメリの子供にしか見えなくて、一度は通り過ぎかけたのですが、今の時期にこんなサイズのコブヌメリは変かな?と思って、念のため体の横に目を凝らしてみたらキールがありませんでした。でも、頬の赤い星は顔にズームインするまで見えなかったなぁ。
こんなわかり辛いサカナだけど、一部のサカナ好きなショップのログに度々登場するのはさすがですね。ただ、コイツを見せられたお客さんの反応は、、、人ごとながらちょっと心配です。(笑)

「今週の〇〇~!! 第249回 狙えるチビ(2005-06-14)」より
チビヌメリの♀今年に限ったことなのかはわかりませんが、大瀬崎にはチビヌメリが多い。ちょくちょく目に付きます。多いとなると、やっぱり浅場で求愛してるヤツラもいるんじゃないのか?ってのが期待されますが、いました~。
僕がチビヌメリに会った最浅記録更新の場所に、ペアで、♀はお腹パンパンで。よしよし、今週はちょっと見届けられないけど、来週また会いに来るからね~。(^^)
でも、コイツラの上をウロウロするミノカサゴが気になります。食うなよ~。
次週につづくっ!!(かも)
(2005-06 大瀬崎 -13m)

チビヌメリの♂こちらは♂です。このときは、僕らがミノカサゴを追い払ったのにビビって動かなくなってるところです。(笑)
(2005-06 大瀬崎 -13m)

IOPのチビヌメリの♂最近ではチビヌメリも見慣れてきましたが、それでもこの長い尾ビレは一瞬「イズヌメリ?」と思ってドキっとしてしまいます。(汗)
(2006-09 IOP -28m)

お勧め Watching Point

IOPでも大瀬崎でも見つかってます。わりと深いところに棲むヤツらしいです。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク