海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > キンチャクダイの仲間

Izuzuki Diver

チャイロヤッコ

Centropyge fisheri

チャイロヤッコ
2005年11月 大瀬崎 -21m

コイツはヤッコのチビでありながら、地味なうえにすぐ隠れちゃうんで、とてつもなく目立たない存在です。
ただ、考えてみればこれがヤッコのチビのあるべき姿なのかもしれません。他のヤッコが意味もなく派手すぎるのかも。

「今週の〇〇~!! 第477回 人並みはずれてる~!(2012-11-10)」より
チャイロヤッコのナズリング友人のH氏がチャイロヤッコの産卵をFaceBookにアップしてたので、僕も見に行って来ました。写真は産卵直前のナズリング中です。♀(上の個体)のお腹が尋常じゃなく尖ってて、見ているこちらも力が入りました。
H氏によると、以前に大瀬崎でチャイロヤッコの産卵に立ち会ったのは実に9年ぶりだそうです。改めて立ち会ってみると、9年前の印象よりはるかに海中が明るくて驚きました。こんな明るい海中でヤッコの仲間が産卵しちゃうなんて、なかなか妄想できるもんじゃありません。改めて、友人の人並みはずれたモーソー力に舌を巻いてしまいました。あっ、これ褒めてるつもりです。(^^;;
(2012-11 大瀬崎 -13m)

チャイロヤッコ♂のディスプレイ産卵のとき、♂は♀のいるところにやってきては腹ビレを全開にして青白く輝かせるディスプレイをします。こんな大胆に自分を目立たせてたらすぐエソに食われるんだろうなぁ。。。
(2012-11 大瀬崎 -13m)

お勧め Watching Point

最近は秋の伊豆でチラホラと見かけます。なかなか撮れないけど。。。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク