海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カサゴ・カジカの仲間

Izuzuki Diver

ウッカリカサゴ

Sebastiscus tertius

ウッカリカサゴ
2014年1月 IOP(伊豆海洋公園) -57m

「今週の〇〇~!! 第510回 言い切っていいかな?(2014-01-25)」より
久しぶりにIOPで潜って来ました。水がキレイで気持ちよかったのですが、ハナダイ達には見事なまでに振られました。でも、個人的にはこれはウッカリカサゴでしょって言い切っても良さそうなサカナに会えたので満足です!!でも、僕が浮かれてる横でバディはビデオカメラが水没していたらしく、、、僕だけ楽しんじゃってゴメン~。

ちなみに、僕が初めてこのサカナを認識したのは、マリンライフナビゲーションの瓜生さんにガイドしてもらってIOPを潜ったときでした。
瓜生さんが1匹のカサゴの前で立ち止まってスレートに何やら書きだしました。
「カサゴじゃないよ」
はぁぁぁ?
さらに、、、、
「うっかりしてました」
へ????
そして、、、、
「ウッカリカサゴ」
なんじゃそりゃーーーー!!
瓜生さんのマスクの下は笑ってる。。。
これは絶対瓜生さんがみんなをだまそうとしているに違いないと思ったけど、上がってから聞いてみたら「どーも、IOPにいるのはほとんどウッカリカサゴみたいなんですよ」と瓜生さん。
そして図鑑を見てみるとウッカリカサゴという名前のサカナが実在していたのです。
いったい、どこまでがホントでどこまでが冗談なのか。。。(^^;;

ウッカリカサゴpointウッカリカサゴは体の横の白い斑紋の周りが黒く縁取られているのも特徴らしいんだけど、浅場にいるヤツラは微妙だなぁ。

ウッカリカサゴyg?初夏、浅場にたくさん現れた若いカサゴ達の写真を撮りまくって、胸ビレのナンジョウを数えてみたら、概ねみんな18本なんだけど、ときどき19本のヤツがいます。Theカサゴは通常18本、ウッカリカサゴは通常19本とされていますが、ナンジョウ数18本の個体との違いがピンときません。どうなんでしょう?
(2015-06 大瀬崎 -8m)

お勧め Watching Point

成魚は深場にいるようです。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!

スポンサーリンク