海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カサゴ・カジカの仲間

Izuzuki Diver

オニカサゴ

Scorpaenopsis cirrosa

オニカサゴ
1998年8月 八幡野 -18m

オニカサゴとはよく付けたもので、赤くて怖い顔したこのサカナのイメージは、まさに鬼そのものです。ん??そういえば、なんで鬼といえば赤い顔なんだろ?黄色いのやら青いのもいたんじゃなかったかな?
関係ないけど、僕は子供の頃から黄鬼が好きでした。理由は黄色が好きだから。。。シックな色を好むウチの親は、僕が黄色い服を着たがると「黄色だなんて~」と嫌がられたものですが、しょうがないよね、一家で一人だけ地グロの僕には原色の服が似合うんだもの。
ホントに関係ない話になってしまった。。。

オニカサゴ春の黄金崎に行ったら、砂地落ちてたりホンダワラに乗っかってるチビのオニカサゴがたくさんいました。IOPでは岩に張り付いてるのに、同じサカナとは思えないなぁ。

オニカサゴ背ビレの先に毒があるらしいのに、数も多くて擬態上手なオニカサゴ、手を着こうとしたところにいるのはヤメテください。
(2006-11 IOP -5m)

オニカサゴ成魚の全身オトナの全体像はこんなヤツです。黒っぽいの砂に赤いサカナがいる様は、ライトを当てていると存在感があるのですが、ライトを当てなければビックリするほど存在感がありません。もう少し存在感があったほうが、ダイバーが手を突きそうになることもなのでしょうが。。。
(2005-07 大瀬崎 -9m)

黒っぽいオニカサゴ水中のボンテンに乗っかってたヤツです。オニカサゴって僕の中では赤いサカナだったので、この体色は違和感を感じます。本当にオニカサゴでしょうか?深く考えれば考えるほどワケがわからなくなってしまうのがカサゴの魔力なので、オニカサゴと言っておきます。(^^;;
(2013-01 大瀬崎 -10m)

カサゴに追われるオニカサゴTheカサゴに付きまとわれて困ってる子供のオニカサゴがいました。下手に岩っぽいから動いたときにカサゴの興味を引いてしまったのでしょうか?
サカナにも好奇心ってあるんですかね。
(2016-10 大瀬崎 -11m)

お勧め Watching Point

IOPではよく岩に張り付いてます。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク