海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カサゴ・カジカの仲間

Izuzuki Diver

イズオコゼ

Cocotropus izuensis

イズオコゼ
2001年4月 IOP(伊豆海洋公園) -5m

コイツは友人がエターナルフィールズの島津さんに教わって、僕はそのご相伴に預かって見れたサカナです。(^^
僕がこのサカナに遭遇したのは2回目なんだけど、初めての時はカメラを持っておらず悔しい思いをした。それだけにコイツを写真に収めるのは悲願だったんで、かなり嬉しかった。ところが、上がってきた写真には無情にも海藻が邪魔を、、、やっぱり最初の出会いの時にしっかり押さえておくべきだった。(/_;)
それにしても、カメラを持たずに海に入ると出物があるのは何故なんだろう???

イズオコゼオコゼなんてじっとしてるだけだから見つけられれば撮影は簡単そうなものなんだけど、チビはヒョコヒョコと海藻の影に隠れようとするから案外撮らせてくれないし、一度見失うと二度と見つけられない。結局まともに撮れないうちに逃げられました。
思えば、前回見つけたときも逃げられたんだよなぁ。。。(-_-)
イズオコゼこの絵はそのときに悔しくて描いた絵です。(笑)

今(2010年)まで巷でマスダオコゼ(Cocotropus masudai)と呼ばれていたサカナは、実はマスダオコゼとは別の種類だったらしく、2010年に新種として記載されましたとさ。

お勧め Watching Point

珍し目のサカナではありますが、大瀬崎やIOPや伊豆大島を潜りつづけてればいつか見ることはできるでしょう。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク