海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カサゴ・カジカの仲間

Izuzuki Diver

カサゴ

Sebastiscus marmoratus

カサゴ
2014年4月 大瀬崎 -40m

ウッカリカサゴの横位置写真を狙って、深場のカサゴに注目してみました。 改めて見てみると、深場ではホバってるカサゴがやけに多い。 浅場のカサゴと動きが違う気がするので、「コイツラはみんなウッカリ?」とも思ったのですが、体の模様はウッカリっぽくない。とりあえず胸ビレを開いた写真を撮ってナンジョウを数えてみました。1,2,3…18本! フツーのカサゴですね!(笑)

カサゴのチビチビのときはカサゴでも可愛い。(^^)
ロープの下に隠れてたのを友人が教えてくれたんだけど、身を隠す物がなくなると怖いのでしょう、ロープをどけるとものすごい勢いでロープを追いかけます。いつも岩の上でじっとしてるだけのカサゴが、子供の頃はこんなに機敏だとは知らなかった。一生懸命生きてる感じが伝わってきます。大人になって楽ができるようになれるといいね。
(2001-03 大瀬崎 -11m)

カサゴ(臨月)寒さに震えながら潜っているとお腹をパンパンに膨らませて水面のほうを見上げるカサゴを見かけます。今晩あたりにでもハッチアウトするのかな?
見てみたいけど、この寒い時期にナイトダイビングして、ずっとカサゴの前に張り付いてるのはちょっと。。。(^^;;

「今週の〇〇~!! 第166回 カサゴの抱擁(2003-10-28)」より
カサゴの交尾カサゴが、交尾をして♀のお腹の中で子供を孵す卵胎生のサカナだってことは、以前から知ってはいたんですが、交尾の時に♂が♀にガバっと巻き付くなんて、、、一昨年マリンライフナビゲーションの瓜生さんに、カサゴの交尾シーンのビデオを見せつけられたときは、腰が抜けるほどビックリしました。(ちょっと大げさかな?)
で、僕も去年から注目し始めたのですが、去年の今ごろはビデオカメラが壊れてたこともあって1回目撃できただけで撮影はできず、やっと押さえることができました。(^^)
しかし、何度見てもカサゴの♂ってば男らすぃ~!!
(2003-10 大瀬崎 -5m)

カサゴの交尾はこちら→ (1,977KB)

カサゴの放仔カサゴの放仔です。超ピンボケでお蔵になってた画像ですが掘り出してみました。(^^
この日はH氏に誘われて、昼にIOPを潜った後大瀬崎に移動してナイトダイビングをしました。普段は付き合わないのですが、副館長さんが狙ってたカサゴの放仔が面白そうだったんで付いてきたんですが、僕だけ見てしまいました。(笑)
このとき見られなかった副館長さんは悔しがっていたけど、僕は副館長さんに教わった通りに狙っただけだからしょうがない。(笑)
(2003-12 大瀬崎 -7m)

威嚇中のカサゴカサゴは威嚇するとき顔を大きく膨らませます。顔が大きい方が勝ちなのでしょうか?ヘンなの。あっ、でも、怒ると斜に構えるのは人と一緒ですね。
(2005-10 大瀬崎 -7m)

カサゴのケンカ♂同士の縄張りをめぐるケンカでしょうか?ガブっとやってました。お互いの口を噛み合ってますが、下あごを噛んでる方が有利なのだとか。。。
(2007-11 大瀬崎 -8m)

カサゴyg体長3cmほどのチビッコです。このステージだとヒレが青く縁どられるヤツがいるんですね。キレイってほどでもないけど。
(2016-05 大瀬崎 -6m)

お勧め Watching Point

伊豆ではどこにでもいるサカナです。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク