海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カレイの仲間

Izuzuki Diver

ムスメウシノシタ

Parachirus sp.

ムスメウシノシタ
2008年1月 大瀬崎 -7m

どこまでが魚なのか良くわからん見事な擬態のこの魚は、ヒレをうにうに波打たせて海底を歩く変なヤツです。丸顔につぶらな瞳がかわいらしいですが、口のつきかたは、ちょっと怖いかも。この口で、どうやってどんなエサを食べてるのか不思議~~~!!

初めてこの魚に出会った時、「ひょっとして泳げないのかな?」と思って、指をそっと近づけてみた。でも反応なし。今度はヒレをつまんでみた。うにうに逃げるが、泳がない。今度は体を触ってみた。うにうにうにうにと岩陰に走り込んでしまった。やっぱり泳げないのか。。。。って、いぢめ過ぎですね。。。m(__)m

「今週の〇〇~!! 第17回 スケスケ娘??ムスメウシノシタ(2000-10-20)」より
ムスメウシノシタyg僕が最近のIOPで密かにお気に入りなのがコイツ。多分ムスメウシノシタの子供です。半透明な体がイカしてますねぇ。
半透明のムスメウシノシタは、IOPの潜降岩回りの砂だまりを探すと結構見つけられるんですが、写真のヤツは猫の額のような砂だまりに棲んでたから、これは成長過程を楽しめそうだゾと思って、毎週会いに行くことを誓ったのです。最初に会ってから一週間、、、結構成長が早くて大きさは倍近くなったんですが、まだ半透明のまんま。今週はどうなってるだろう??
成長過程が楽しめると思ったら、2週目に小さくなって、3週目にはいなくなってしまった。。。後にして思えば、2週目に見たのも別個体だったのでしょう。。。(^-^;;
(2000-10 IOP -5m)

ムスメウシノシタの正面顔俯瞰で見てても気付かなかったけど、正面顔を撮ってみたら眉間(?)に何か生えてるぞ。鼻の穴かな?体を砂に潜らせても息ができるように??土隠の術???
(2005-07 IOP -5m)

ダンスする個体半透明なムスメウシノシタを眺めてたら、頭を少し持ち上げてプルプルしてました。プルプルしながら近くにいた別のチビに近づいて行きます。こりゃオトナだったら求愛ディスプレイじゃないだろうかと思うところなのですが、なにせ色素もそろってないチビですから、求愛してもどーなるワケでもなさそうです。あっでも、僕も幼稚園の頃にはもう好きな女の子がいたから、そんな感じなのかな?
(2007-09 大瀬崎 -4m)

お勧め Watching Point

IOPでは岩の亀裂の下の砂だまりで見かけます。大瀬崎では湾内のゴロタ近辺の砂だまりで見かけます。水深はいずれも5m~10mぐらいでしょうか。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク