海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ヒメジ・フエダイ・フエフキダイの仲間

Izuzuki Diver

ミナベヒメジ

Parupeneus biaculeatus

ミナベヒメジ
2012年9月 大瀬崎 -17m

初めて出会った当時、コイツはまだ和名も付いてないサカナでした。と言っても、西伊豆ではそれほど珍しいワケじゃないみたいなんですが。。。
僕が初めて出会ったのはIOPだったんですが、ダイバーの多さにビビリ切ってたのか、もともとただの通りすがりだったのか、1の根から2の根の先端までをノンストップで逃げた挙げ句、深場へと消えて行ってしまいました。その次の週に大瀬崎で会ったヤツは、僕のことなど全く無視でエサをハグハグしてたのに。。。
IOPと大瀬崎ではサカナの態度が違うのです。

ポインテッドゴートフィッシュ(IOP)初め出会ったIOPのヤツです。結局2の根の壁を乗り越える一瞬だけしか横を向いてくれませんでした。

ポインテッドゴートフィッシュ寝姿通り崎ビーチ@土肥湾内にはなんだかたくさんいました。
この写真は寝姿です。(^^

ポインテッドゴートフィッシュygメバルのチビッコ達と一緒に、ヒロメの葉に隠れるようにしていました。「やけに金ピカなホウライヒメジだな?黄色い海藻に隠れてると金ピカになっちゃうのか?」などと思いながら撮影してたけど、、、違った。。。(^^;;
(2013-04 大瀬崎 -11m)

以前はウミヒゴイの一種1と呼んでいましたが、Parupeneus biaculeatusになるようです。ポインテッドゴートフィッシュという英名があるみたいです。そして、2015年にミナベヒメジの和名が提唱されました。

ミナベヒメジ岩陰でホンソメワケベラにクリーニングされていました。
ヒメジの仲間はクリーニングを受けてるときに赤くなることが多いのですが、やっぱりクリーナーに寄生虫を見つけてもらいやすくするためなのでしょうか?
気持ちよくて赤くなってるようにしか見えないのですが。。。(^^;;
(2017-09 大瀬崎 -13m)

お勧め Watching Point

西伊豆にはソコソコいるようですが、IOPでは滅多に会えないんじゃないかと思います。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク